延長手続きをしたその日から2週間の貸出期間の延長ができます。
※返却予定日を過ぎている資料は、貸出期間の延長ができません。速やかにお返しください。

  1. 当館トップページから「インターネットサービス」にログインします。
  2. 画面上部の「利用者のページ」のプルダウンから「貸出・予約照会」画面を開きます。
  3. 延長したい資料のタイトル左側の「貸出延長」ボタンをクリックします。
  4. 貸出延長の「確認」画面で、延長手続き後の返却期限を確認してから、「変更する」ボタンをクリックします。
  5. 「貸出・予約照会」画面に戻りますので、変更後の返却日をご確認ください。
    (貸出延長欄(「貸出延長」ボタンが表示されていた場所)は、「延長済」表示に変わっています。)

 

(ご注意)
(1) 実行された貸出期間の延長手続きは、取り消しができません。
(2) 「貸出状況一覧」画面が以下の場合「貸出延長」ボタンは表示されません。

  • 貸出延長欄に「延長済」の表示(既に1度延長されている資料)
  • 備考欄に「予約待ちあり」の表示(他の利用者が貸出待ち登録をしている資料)
  • 備考欄に「延滞資料」の表示(返却予定日を過ぎている資料:延滞されている資料)
  • 備考欄に「相互貸借」の表示(府立図書館以外から取り寄せて借りられている資料)
  • 備考欄に「貸出手続当日」の表示(延長手続きを行っても返却期限が変わらない状態の資料)