第29回京都図書館大会「ウィズコロナ時代の図書館」

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、多くの図書館が臨時休館し、その後、感染対策を行いながら再開館しています。今大会では、これからの図書館員がどのように情報を収集・提供すればよいか、図書館サービスをどうしていくべきかについて考えます。

 

日 時

令和2年11月30日(月)13:00~17:00
 

実施方法

Zoom(ウェビナー形式)によるオンライン開催
 

内 容

・基調講演  「ウィズコロナ時代の信頼できる医療情報の見分け方」資料
 北澤 京子 氏(京都薬科大学客員教授、医療ジャーナリスト) 

・事例発表① 「ウェブでつながるコミュニティ -動き続ける図書館をめざして-」資料
 朝倉 久美氏(県立長野図書館 司書)

・事例発表② 「どんな時にも図書館サービスを継続するためのデジタル技術」資料
 吉本 龍司 氏(株式会社カーリル 代表取締役/エンジニア)

・事例発表③ 「ウィズコロナ時代の図書館が持つべき『しなやかな強さ』とは」資料
 岡本 真 氏(アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg) 代表取締役/プロデューサー)

参加対象

公共図書館、大学図書館、学校図書館及び専門図書館の職員、学校教職員、日本図書館協会会員、利用者及び利用団体等
 

参加費

無料
 

広報用チラシ

カラー版 / モノクロ版
 

申込方法

令和2年11月20日(金)までに、以下のお申込みフォームよりご登録ください。

第29回京都図書館大会 参加申込フォーム(受付終了しました)

折り返しのメールで、通信および当日のZoomにアクセスするURLをお送りします。
終了後、録画映像のURLを送付します。申込者は一定期間視聴できます。

 

参加方法

  • 接続予定の端末(PC、タブレット、スマートフォン等)に、Zoomアプリケーションを予めインストールしておいてください。
  • 当日は、事務局からメールでお知らせするURL(またはID/パスワード)からアクセスし、お名前とメールアドレスを入力してお入りください。
  • Zoomウェビナーでは、参加者側の機器にカメラやマイクは必要ありません。
  • 接続中に参加者側の映像が表示されることはありません。

 

接続テストの実施について

令和2年11月25日(水)14:00~15:00(予定)

  • 接続テストへの参加は任意です。
  • 新たな申し込みの必要はありません。
  • 本番と同様の設備を用いて、使用機器の調整、通信テストを行いますので、当日の接続環境の確認等にお使いください。
  • 当日は、事務局からメールでお知らせするURL(またはID/パスワード)からアクセスし、お名前とメールアドレスを入力してお入りください。
  • Zoomウェビナーでは、参加者側の機器にカメラやマイクは必要ありません。
  • 接続中に参加者側の映像が表示されることはありません。

 

申込・問合せ先

京都図書館大会実行委員会事務局
E-mail: tosyokan-service@pref.kyoto.lg.jp
 

主 催   京都図書館大会実行委員会

後 援   京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都府市町村教育委員会連合会

協 力   京都府図書館等連絡協議会、京都府学校図書館協議会、公益社団法人日本図書館協会、同志社大学図書館情報学研究室