今年も秋の火災予防運動(11月9日−15日)が実施されます。

過去に京都でどんな火災があったのかと、新聞記事検索データベース「聞蔵Ⅱ」で調べてみると、

京都駅が燃えている写真がみつかりました。

                                  <平成30年11月1日掲載>

これは、昭和25年の雑誌「アサヒグラフ」1372号の記事です。

「アサヒグラフ」は、時代を代表する歴史的な報道、世相や風俗を多数掲載した雑誌です。

データベース「聞蔵Ⅱ」では、新聞記事の検索だけではなく「アサヒグラフ」が誌面イメージでご覧になれます。

聞蔵Ⅱの収録期間:大正12年1月25日創刊号~昭和31年12月30日号)

当館2階マルチメディア閲覧室のデータベースは、自由にご利用いただけますので、ぜひお越しください。

複写をご希望の場合は、複写料金(1枚:白黒20円、カラー40円)が必要です。

 

<関連情報>

京都市消防局 昭和25年11月18日京都駅火災