私たちは普段、欧米を中心としたファッションに触れる機会が多いですが、世界には多くの民族衣装があります。

 世界各地の民族衣装を豊富な写真で紹介するこの本を見ると、民族衣装には身体の保護や装飾性だけでなく、標識や魔除けなどといった役割があることや、それぞれの土地の気候や風土、歴史、暮らし、思想など、様々なことを読み取ることができることも分かります。

 服装を通じて、それぞれの国の様子を知ることができる資料です。

<令和2年9月30日掲載>

図書:『世界の民族衣装図鑑 約500点の写真で見る衣服の歴史と文化

文化学園服飾博物館/編著  ラトルズ  2019.6

(請求記号:383.1/B89 資料コード:1111034920)

 

<関連資料>

衣装の語る民族文化

今木加代子/著  東京堂出版  2017.4

(請求記号: 383.1/I43  資料コード:1110814918)

 

装いの心理と行動 被服心理学へのいざない

小林茂雄/編著 他   アイ・ケイコーポレーション 2017.4

(請求記号:383.1/Y94  資料コード:1110855705)

 

図説日本服飾史事典

増田美子/編 他  東京堂出版  2017.9

(請求記号:383.1/Z8  資料コード:1110748108)

 

世界服飾史 カラー版

深井 晃子/監修 他  美術出版社  2010.4

(請求記号:383.1/Se22/   資料コード:1108629351 )

 

日本の制服150年 イラストで見る制服のデザイン

渡辺直樹/著  青幻舎  2016.3

(請求記号:589.21/W46   資料コード:1110801402 )