今回ご紹介する本は、ファンタジー仕立てになっていますが、感染免疫学を専門とする医学博士によって書かれたものです。

登場人物として、病を流行させるウイルスや菌を「病気の魔女」に、病気から人間を救おうとする様々な仕組みを「薬の魔女」に例えています。本書中の「コラム」もわかりやすく、ウイルスについてもっと知りたいと思う気持ちが強くなるのではないでしょうか?

ウイルス感染防止に有効な対策をとるために、正しい知識を取り入れて、著者の推奨する3つ目のワクチン「知識のワクチン」を、みんなで製造していきましょう。

                                                                        <令和2年6月30日掲載>

図書:『病気の魔女と薬の魔女

岡田晴恵/著 学研 2008.11   

(請求記号:913.6/O38/ 資料コード:1108870625)

※こちらもご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する情報提供

ミニコーナー関連図書リスト「ウイルスについて知る」

(展示は終了しました)