福島県は日本で三番目の広大な面積を持ち、浜通り・中通り・会津の三つの地域にそれぞれ異なる歴史や文化性を有しています。

 本書は俳人である著者が、2013年から約3年間にわたって福島を訪れ、東日本大震災の後も変わらず移ろう自然と、伝統や文化を受け継ぐ人々の姿を俳句とともに綴ったものです。

 著者が「日本の宝」と語る福島の魅力とともに、震災からの復興を願う想いが感じられる一冊です。
                                                          <令和2年2月23日掲載>

                

 

  図書:『ふくしま讃歌 日本の「宝」を訪ねて

        黛まどか/著 新日本出版社  2016.9

            (請求記号:915.6/Ma98/ 資料コード:1110824123)