絵画を鑑賞する際、絵画への着眼点や解釈方法は個々それぞれ異なります。

 本書は、視覚心理学や錯視の観点から、フェルメールや若冲など名画の謎を解き明かしています。

 また、絵画に限らず、視覚と脳の関係の謎に触れることの出来る1冊ともなっています。

 この秋、名画の世界に浸って新たな鑑賞方法を探索してみてはいかがでしょうか。

                                                                                                  <令和元年10月30日掲載>

              

       図書:『視覚心理学が明かす名画の秘密』 

 三浦 佳世/著 岩波書店  2018.7                                       

                (請求記号:720.1/Mi67  資料コード:1110793831)

 

     <関連資料>

   ・『錯視芸術の巨匠たち 世界のだまし絵作家20人の傑作集

     アル・セッケル/[編]著 他 創元社 2008.4  

               (請求記号:708.7/Se13  資料コード:1108471945)

   ・『眼脳芸術論 眼科学と脳科学から解き明かす絵画の世界

     深作 秀春/著 生活の友社 2015.7

    (請求記号:701.4/F72  資料コード:1110549555)