同人誌「VIKING」をご存知でしょうか。

昭和22年10月に詩人の富士正晴氏らが、雑誌として堅実に続けられることを目的として創刊し、現在も発行されている関西の老舗文芸同人誌です。

同人には、フランス文学者の杉本秀太郎氏や山田稔氏など京都ゆかりの方々や、芥川賞や直木賞受賞の著名な作家も多数いらっしゃいます。

書庫に並んでいるこの雑誌を、閲覧席でゆっくり読んでみてください。<令和元年7月10日掲載>                                                                                                                  

<ご紹介資料>

雑誌『VIKING』

 

当館所蔵:昭36.1月~(欠号あり)

 

<関連記事>

ヨミダス歴史館(読売新聞)

 特定のスローガンはなく、格別の主義主張もない。しいて編集方針らしいものをあげるとすれば、

   ツルツルして、ほどよい作品は敬遠し、世間の間尺にあわぬ悪作を尊重する、というヘソ曲がり

   の傾向ぐらいのものか。

  「われらのグループ:VIKING」北川荘平氏1968年7月21日 朝刊18ページ 一部抜粋

 

<関連図書>

図書『風の童子の歌』富士 正晴/著 編集工房ノア (資料コード:1108106426) 

図書『竹林の隠者』大川 公一/著 影書房 (資料コード:1106020991)

 

<関連情報>

富士正晴記念館(茨城市立中央図書館併設)