令和2年7月、藤井聡太七段が将棋の八大タイトルの1つ「棋聖戦」を制し、これまでのタイトル獲得最年少記録「18歳6か月」を30年ぶりに「17歳11か月」に更新しました。

雑誌『将棋世界』では、藤井棋聖が14歳でプロとなったころからインタビューを行っており、当時の記事にも名棋士の強さが感じられます。

 

<令和2年7月21日掲載>

 

〈『将棋世界』藤井聡太棋聖過去インタビュー記事〉

十四歳の地図 -インタビュー- ■藤井聡太<四段>■北野新太∥構成

2017年7月

ロングインタビュー 夏、十四歳の声 ■藤井聡太■北野新太∥構成

2017年9月

隘路を抜けて -ロングインタビュー ルーキーイヤー回顧- ■藤井聡太<七段>■北野新太∥構成

2018年7月

17歳の「研鑽」王将リーグを語る -新春インタビュー - ■藤井聡太<七段>■本誌∥構成

2020年2月

〈その他『将棋世界』藤井聡太棋聖記事〉↓

https://www.library.pref.kyoto.jp/opw/OPW/OPWCATEGLIST2.CSP?DB=LIB&MODE=1&LIB=&CNO=100139&CMODE=DETAIL&SORT=