ジャーナリストの資質向上を目的とし、1917年に創設されたピュリッツアー賞。

ジャーナリズムのみではなく文学、音楽の各カテゴリーも対象とされています。

先日、「音楽部門」でこの賞を受賞したのが、ヒップホップアーティストのケンドリック・ラマー。

一体、どんな音楽をつくっている人なのでしょうか。

当館所蔵雑誌で記事が読めますので、ご興味のある方は、地下1階カウンターにお申し出ください。

                                              <平成30年8月30日掲載>

<ご紹介資料>

■雑誌『ユリイカ』2018年8月号 50巻11号(資料コード 1601008699)

   特集ケンドリック・ラマー

 ・未邦訳インタビュー ケンドリック・ラマー なにかを背負うということ-キングの始まり、ヒップポップの未来 p36-46 他   

■雑誌『Newsweek』2016年3月29日 31巻13号(資料コード 1600056459)

・若き天才ケンドリック・ラマーに脱帽 p66-67

 

<新聞データベース>

■聞蔵Ⅱ(朝日新聞) 2016年12月23日 『蝶と風と、壁と』

■日経テレコン21  2018年2月9日『グラミー賞のパフォーマンスー米国が直面する問題映す(柴邦典の新音楽)』

             2018年3月9日『映画「ブラックパンサー」のヒットー陰にヒップポップのスター(柴邦典の新音楽)』