京の工芸を支える職人たちの姿が、ご本人へのインタビューにより浮き彫りにされています。

  着もの、金もの、陶のもの、人形、木と漆のもの。細部まで美しい作品のカラー写真とともに、創作の様子も挿入され、

  それぞれの職人の技に魅了されつつ、その来し方から京の工芸の現状を垣間見られる本です。(英文表記もあり)

                                                                                                                                                               <令和元年9月15日掲載>

 

 

 

         

    『京の工芸ものがたり 2 KYOTO ARTISANS

    中野仁人/文・写真 澤田美恵子/文 ブライアン・チェン/文 理論社 2019.6

    (請求記号:K 750.21/N39  資料コード:1111035364)

 

   〈関連図書〉

   『京の工芸ものがたり KYOTO ARTISANS

   中野仁人/文・写真 澤田美恵子/文 理論社 2015.11

   (請求記号:K 750.21/Sa93 資料コード:1110458435

   『工芸の四季 愛しいものがある生活

   澤田美恵子/著 中野仁人/著 京都新聞出版センター 2013.10

   (請求記号:K 750.21/Sa93 資料コード:1110336854)