11月5日(土)に館長プロデュース 京都府立図書館連続講座 を開催しました。
企画の5回目、秋のシリーズの2回目の講演会です。
また、古典の日記念講座でもあります。

京都大学大学院文学研究科 准教授 金光桂子先生を講師にお迎えし、
「源氏物語を愛した人々」と題して御講演をいただきました。

源氏物語の夕顔巻を軸にした深い読み込みから、平安期・鎌倉期にわたって
広く愛され引用されていき、古典化する過程をていねいに説明されました。

参加された方からは、改めて源氏物語の魅力に気が付いたという感想や、
古典の新しい読み方を発見したなどのお声がありました。

会場には、金光先生のおすすめ本をはじめ、源氏物語・古典文学に関する資料を
約100冊展示し、多くの資料を借りていただくことができました。

20161105_135428
絵画資料を使っての解説

20161105_125210
源氏物語・古典文学関係資料の展示