明治、大正から昭和初期にかけての礼儀作法書の挿絵を集めた事典です。茶、花、和食の作法などの伝統的な礼儀作法のほか、汽車やエレベーターの乗り方、日本と欧米の果物の皮のむき方の違い、さらにはアスパラガスの食べ方など、新しい時代に対応するためのマナーも描かれています。

 これからの季節、団扇や扇子の古式ゆかしい作法を再確認してみるのもいいかもしれません。

 

                                                             saho    

                             

                                図書:『絵で見る明治・大正礼儀作法事典

                               綿抜 豊昭、陶 智子/編著 柏書房 2007.11

                                      (請求記号:385.9/W46/ 資料コード:1108443340)   ※館内資料のため貸出はできません。