当館では、新たなサービス計画に「知的な交流の場の創設」を掲げ、
図書館資料を活用した知的活動を支援しています。

6月26日(日)に、関西在住の図書館員が中心となって、図書館の歴史に関する
学習会を開催している「関西文脈の会」の例会が、当館で開催されました。

今回は、外邦図(戦前に海外植民地や占領地を描いた地図)をテーマに、
2本の報告が行われました。

当館所蔵の洋書の中から、大正・昭和期の東アジアに関する資料等の説明も行い、
館内ツアーも開催しました。

20160626