令和元年6月15日(土)、京都府立図書館岡崎110年記念イベント「図書館の舞台裏、見ませんか?」を行いました。

 京都府立図書館のシナリオコレクションと世界の美しい図書館の紹介、映画「ニューヨーク公共図書館エクス・リブリス」のダイジェスト版上映、京都シネマ副支配人の谷口正樹氏と当館職員との舞台裏トークを行った後、最後は参加者の皆さんに6班に分かれていただき、当館職員が図書館バックヤードツアーを案内しました。

参加者からは

・司書の方が御自分の興味あるテーマで興味深く話をしていただいて良かった(シネマやシナリオコレクション)

・図書館のバックヤードを見る機会はなかなかないので貴重な経験が出来ました。

・ただ本があるだけでない、とても可能性のある場所だったのですね。

・京都シネマの副支配人の方のお話も聞かせていただいて、良かったです。

・映画×図書館といつもは別の分野の施設がコラボして、双方のファンが集う機会があって、
「人が集う場所 図書館」の一端を感じた気がします。

・面白い試みで、図書館の舞台裏を知り図書館の在り方を考える良い機会になって良かったと思います。

など、大変ご好評いただきました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

なお、スライドショーの資料につきましては、著作権保護期間内のため配布ができないことをご理解いただきますようお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★