新型コロナウイルス感染症拡大により、社会に大きな影響が出ています。

 インターネット上で噂やデマ、フェイクニュースを含めて大量の情報が氾濫するインフォデミック(情報〈Information〉と感染症の広がりを意味するエピデミック〈Epidemic〉を合わせた造語)も発生し、こちらも世界保健機関(WHO)が警戒を呼びかけています。インフォデミックを防ぐためにも、自分が意図せぬ情報拡散で混乱を助長しないか、慎重な情報収集、発信が必要な時期でもあります。

そこで今回、当館所蔵資料の中から正しく情報を扱うために参考となる図書を集めました。

インターネットや、メディア情報に接する際の参考にしてください。

なお、当館ホームページの「新型コロナウイルス感染症に関する情報提供」において、様々な機関の情報を紹介しています。こちらも、ぜひご覧ください。

所蔵リスト(PDF)

 


期間:令和2年6月26日(金)~8月26日(水)
場所:京都府立図書館 地下1階閲覧室 特設コーナー