10月14日(月・祝)に、図書館セミナー「岡崎周辺 武田五一の建築巡り」を開催しました。

京都華頂大学教授の川島智生先生を講師に迎え、「武田五一と府立図書館」と題したレクチャーの後、明治期の府立図書館で使われていた家具(通常非公開)や正面外壁を見学しました。

その後、岡崎周辺に残る武田五一の建築巡りをし、有鄰館は外から見学し、関西美術院は今回初めて内部のアトリエを見学させていただきました。白河院は武田五一が手掛けた数寄屋造りの別館を見学、欄間や金具など細部のこだわりや唐破風の大門を堪能した後、小川治兵衛の見事な庭園を散策し、現地解散しました。

小雨が降る中ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。