平成31年2月9日(土)、日本政策金融公庫との共催企画「商品・サービスデザインセミナー」を当館で開催したところ、30名の方が参加されました。

 セミナーでは、講師の井登友一先生から新しい商品やサービスを開発する上で重要なデザイン思考を紹介いただきました。特にユーザー自身も自覚していない価値を見出すことが重要と示されました。講演後はデザイン思考を使い、ワークショップを行いました。参加者からはスピードの重要性が実感できた等の声もあり、情報交換を行えました。

 

 今後も当館は、京都府立図書館サービス計画に基づき、各種講座の実施と情報交換を行いますので、ぜひご参加ください。

 また日経テレコンをはじめとしたビジネス情報を得るうえで便利なデータベースも当館で使えます。情報をお探しの際は図書館を活用してみてください。

 

・イベントの模様