当館には、収蔵能力40万冊の機械式の自動書架があります。
通常の書架と違って本が戻る決まった場所はなく、コンピューターがどのコンテナに
どの本が入っているかを管理しています。
都道府県立図書館では全国で初めて導入された自動書架も16年間以上にわたって
本の出し入れを続けたため、本は撹拌され、様々な分野の本がアトランダムな知の集合体
をなしています。
今回、そんな機械式の書架が選んだ本との出会いを楽しみ、発想力を働かせて
その本について語り合うイベントを企画しました。
1冊はあなたのお気に入りの本、もう1冊は自動書架が選んだ本、2冊の本について
夜の図書館で語り合うイベントです。

auto
チラシ(PDF)

『選ばれし書を語る』
日時:平成29年12月19日(火)18:30~20:00
(プレイベントとして、18:00~18:30の間に自動書架の見学を行います)
場所:京都府立図書館2階ナレッジベース
定員:20名(要予約、先着順)
申込み:受付終了しました
チラシ:チラシ(PDF)
内容:1.あなたのお気に入りの本(当館所蔵本)と好きな数字を選んでいただきます。
お気に入りの本のテーマは「出会い」です。
2.自動書架内の1の本が含まれているコンテナの左からあなたの好きな数字分数えた
場所にある本が「選ばれし書」となります。
3.お気に入りの本と「選ばれし書」についてグループで語り合います。