令和4年度「CONNECT⇄_」~アートでこころをこねこねしよう~が12月1日から始まります

京都国立近代美術館ほか、岡崎公園内の 7 つの文化施設で、
障害のある人もない人も楽しめる展示や体験を。

『CONNECT⇄_ 』(コネクト)とは、岡崎7会場で開催される、アートを通して多様性や共生社会について考えるプロジェクトです。当館でのプログラムとして、「読む 聞く 話す 本の色々なかたち展」や障がい者アート展、新たに制作した動画の上映、朗読会、羊皮紙に書くワークショップなどを予定しています。ぜひお越しください。
【開催期間:2022年12月1日(木)~18日(日)】
(京都府立図書館は、12月1日(木)~21日(水))

CONNECT⇄_京都府立図書館プログラム

展示

日程 2022.12.1(木)~12.21(水) 【休:月曜】

読む 聞く 話す 本の色々なかたち展

場所 京都府立図書館2階ナレッジベース  

電子書籍が広がる昨今、展示を通して本の来し方を見つめ直します。
NISSHA印刷歴史館から借用した中世ヨーロッパで書かれた羊皮紙、金属活字、欧文タイプライターのほか、当館所蔵資料から、明治期の人気画家の口絵、石版画、コロタイプ印刷などをご覧ください。また、触れられるコーナーでは、羊皮紙、パピルス、和紙、点字の手触りを感じていただけます。

 多色刷り木版口絵 梶田半古画 小栗風葉著「青春 夏の巻」 春陽堂 1906年  撮影:NISSHAエフエイト

字母活字(組版) 紙型鉛板

障がい者アート展 想像する文字展 2022 in 京都府立図書館 

(当館内あちこちで展示します)
   
龍谷大学ユヌスソーシャルビジネスセンター主催
    
 
(アーピカル☆早野紘平)

当館制作動画

おどろきの活版印刷
(字幕・手話) 


※展示会場でご覧いただけます。             
                 
色々な 読む、聞く、感じる
(字幕・手話)


※展示会場でご覧いただけます。             
      色々な読む、聞く、感じる

ワークショップ

はじめての朗読会
役者として長年活動している池浪教子氏から朗読を学びます。
お好きな本を1冊ご持参ください。
また、体を動かしますので、動きやすい服装でお越しください。

 日程:12/17(土)14:00~16:00
 場所:当館3階マルチメディア室
 申込:京都府立図書館ホームページ申込みフォームからお申込みください。
 定員:15名(抽選)
 〆切:12/10(土)
羊皮紙に書く!
羽根ペンで、羊皮紙にお好きな本のタイトル等を書いてください。会場に展示します。

 日程:12/4(日)12/11(日)12/18(日)14:00~14:30
 場所:京都府立図書館2階 ナレッジベース
 申込:毎回当日先着10名 直接会場にお越しください。