京都国立近代美術館で展覧会「生誕150年 横山大観展」が開催されています(平成30年6月8日(金)~7月22日(日)) 。

今年は横山大観(1868~1958)の生誕150年、没後60年になります。大観は東京美術学校の第1期生として入学し、岡倉天心に師事しました。大観の作品は日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつも、朦朧体と呼ばれる新たな描法に取り組むなどして近代日本画に大きな足跡を残しました。

今回は横山大観や近代日本画に関する図書をミニコーナーで展示します。横山大観の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

 

美術館特設コーナー新着図書 No.042『生誕150年 横山大観展』

 


期間:平成30年6月26日(火)~平成30年7月22日(日)
場所:京都府立図書館 地下1階閲覧室 エレベーター前