2020年は丹後ちりめんが誕生してから300年の節目の年です。江戸時代、古くから織物が盛んであった丹後の地にちりめんの技術がもたらされ、以来、丹後ちりめんは京都府北部地域における重要な産業として発展してきました。 

 先人から連綿と受け継がれる丹後ちりめんの魅力や歴史を、京都府立図書館の所蔵資料からご紹介します。

 

 

[関連情報]

・2020丹後ちりめん創業300年(丹後ちりめん創業300年事業実行委員会)<リンク https://tanko.or.jp/300/

・丹後ちりめん 丹後織物工業組合 <https://tanko.or.jp/

・日本遺産 丹後ちりめん回廊 <リンク http://www.tangochirimen.jp/

・「海の京都」絹のあるみち、ちりめん街道 <リンク https://www.uminokyoto.jp/genryu/yosano/

 


期間:令和2年8月28日(金)~10月28日(水)
場所:京都府立図書館1階 展示ケース