11月1日は古典の日です。

 今回は、自然や情景を口語的な言い回しを多く用いて素直に歌う平安時代末期の歌人、西行に関する資料を集めてみました。西行は桜や月の歌が多く、詠まれた歌は多くの人を魅了します。西行は20代で出家し、生涯の大半をさすらいの旅で過ごしました。生活や旅に基づく西行の世界観は現代人の感性に訴えるものがあります。

 自由に歌を詠む西行を通して先人たちの思いに触れ、日本文化を味わってみてください。

所蔵リスト(PDF

   

 


期間:平成30年9月28日 金曜日~11月21日 水曜日
場所:京都府立図書館 地下1階閲覧室 特設コーナー