12月になると忠臣蔵を思い出される方も多いのではないでしょうか。元禄15(1702)年12月14日(旧暦)は、赤穂浪士四十七士が江戸本所の吉良上野介邸へ討ち入った日です。

 長い年月を経て今なお愛され続けている忠臣蔵。その魅力を探るべく、歴史や歌舞伎、文学など様々な分野から本を集めてみました。ぜひ、ご利用ください。

 

 

 

 


期間:平成30年12月2日  日曜日 ~
場所:京都府立図書館 1階閲覧室