京都新聞 (令和元年11月26日(火))朝刊 1面にて、松本清張氏が『火の路』著作の際に教えを請うた、京都の古代史研究家 藪田嘉一郎氏についての記事が掲載されました。当館所蔵資料から、藪田嘉一郎氏の著作と、『火の路』及びこの記事に掲載された『砂の器』『昭和発掘史』など松本清張作品等を展示しています。

 ミニコーナー以外にも、当館には松本清張氏の著作やその研究本等関連図書が多数あります。また、いくつかの作品は大活字本でもお楽しみいただけます。来月生誕110年を迎える松本清張氏の作品をこの機会に改めて読み深めてみませんか。

 
     

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


期間:令和元年11月26日(火) ~ 令和元年12月25日(水)
場所:京都府立図書館 1階らせん階段前