京都国立近代美術館では、展覧会「トルコ文化年2019   トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」が開催され、オスマン帝国の至宝が来日します。親日国として知られるトルコ共和国は、13世紀からおよそ600年間、オスマン帝国としてアジア・アフリカ・ヨーロッパをつなぐ蝶番のような位置を占めていました。さまざまな宗教・文化・民族が混交し、「文明の十字路」といわれた帝国は、その長い歴史の中で色彩豊かな文化を生み出しました。

 この文化が表現する美は、圧倒的な力で私たちを非日常的な異世界へと誘います。

 当館所蔵資料から、オスマン帝国に関する資料を集めました。帝国の壮大な夢と美に酔いしれてみませんか。

 

 

  所蔵リスト(PDF)

 


 

<展覧会情報>

京都国立近代美術館「トルコ文化年2019   トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」(会期 2019年6月14日(金)~7月28日(日))

 


期間:2019年6月9日(日) ~ 7月28日(日)
場所:京都府立図書館 地下1階閲覧室エレベーター前