平成29年4月1日付けで、京都府立図書館協議会を新たに設置しました。
これは、京都府立図書館条例が新たに施行(京都府立図書館設置条例を全部改正)
されたことによるものです。

図書館協議会は、
「図書館の運営に関し館長の諮問に応ずるとともに、図書館の行う図書館奉仕につき、
館長に対して意見を述べる」(図書館法第14条)機関で、当館の場合は、
あわせて府内の図書館振興についても御意見をいただければと考えています。

当館が平成28年3月に定めた
京都府立図書館サービス計画(平成28年度~平成32年度)」には、
「(図書館法第7条の3に定める)評価に当たっては、外部有識者の知見を活用する仕組みとして、
 図書館協議会を新たに設置し、府立図書館による内部評価と外部有識者による外部評価を
 両輪として計画の進捗状況について毎年度点検を行います。 これにより、府立図書館の運営の
 改善を図り、府内の図書館サービスの向上に努めてまいります。」
と、図書館協議会を設置して、計画の進捗状況を外部の視点で評価していただくことを明記していました。

今後は、図書館協議会から様々な御意見をいただきながら、新たな図書館サービスに挑んでまいります。