12月24日(土)に館長プロデュース 京都府立図書館連続講座 を開催しました。
企画の6回目、秋のシリーズの最終の講演会です。

京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 石川尚人先生を講師にお迎えし、
「南極の自然、その地球環境との関わり」と題して、御講演をいただきました。


南極観測隊に3度参加された先生御自身の数々のエピソードやふんだんに上映された映像によって、
南極の自然や探査の様子を鮮明にイメージしつつ、地球環境全体についても考えることができました。

さらに、実際に観測隊が使用したテント・防寒具の展示や解説、南極の氷を手に取っていただくことにより、
参加者の皆様から、南極探査を大変身近に感じられた、とのお声がありました。


これまでの連続講座と同様に、関連書籍を多数展示しました。
参加者の方が開始前から熱心に読み込まれる姿も見られました。

2016-12-24 13.35.26
ユーモアを交えた御講演

2016-12-24 13.13.50
実際に観測隊で使われたテント

2016-12-24 12.44.14
写真集も展示