12月7日(水)、京都教育大学 教育学部 学校教育教員養成課程 国語領域専攻1回生23名のみなさんが、
「公立学校等訪問研究」の一環として中俣尚己准教授とともに当館を訪問されました。

館内見学や概要説明の後、当館が所蔵している約2万4千冊の教科書のうち、
小学校の国語の教科書に掲載されている「かさこじぞう」の調査をされました。

 

この調査は毎年同課程の1回生が取り組まれており、
これまでに「ごんぎつね」や「大造じいさんとガン」などが取り上げられました。
教科書の発行年代や出版社によって、単語の表記や挿絵、注釈等が異なることなどを、
ひとつひとつ確認していきます。

来館されたみなさんは、将来、学校教育の現場に立つことを
希望されている方々で、熱心に様々な教科書を調べておられました。

その成果は、来年そうそう、当館のエントランスで展示予定です。

 

教科書コレクションは、どなたでも館内でご覧になれます。
子どもの頃に使っていた、なつかしい教科書が見つかるかもしれません。
この研究と同じように、年代ごとに見比べてみてもおもしろいですね。

20161207_103947 20161207_105453