京都府立図書館では、複数のデータベースサービスを横断的に検索できる「ディスカバリーサービス」の公共図書館への導入について、実証実験を行っておりますが、9月20日から府立図書館ホームページでも利用できるようになります。
ぜひご活用ください。

・利用方法
 府立図書館ホームページ(トップページ)の「蔵書検索」から検索できます。
 (「Discovery Serviceを検索」にチェックを入れてください。)

・検索対象のデータベース
 ・ジャパンナレッジ(辞書・事典)
 ・国立国会図書館各データベース
 ・J-STAGE(科学技術情報)
 ・医中誌(医学情報)   等
 〔EBSCO Discovery Serviceを利用します〕

・注意事項
 ・ディスカバリーサービスで検索できる雑誌記事情報等は、府立図書館で所蔵していない雑誌等を含みます。
 ・ディスカバリーサービスから有料データベースへのリンク機能は、府立図書館館内のみで利用できます。

・参考
 ディスカバリーサービスの実証実験を行います(2017.07.28公開)