江戸近郊の村の名主によって、約140年に渡り代々書き継がれた『関口日記』。その日記の簡素な記述から、千恵という一人の女性の一生を
丹念に拾い上げ、読み解いていく研究書です。

 町人との結婚、離縁、江戸城大奥勤めなど、さまざまな転機を迎える千恵の姿が描き出されており、江戸時代後期の人々の人生に興味を惹かれる
一冊です。

                                                 ooku              

                           『江戸城大奥をめざす村の娘  生麦村関口千恵の生涯』

                                  大口 勇次郎/著 山川出版社 2016.7

                   (請求記号:289.1/Se27  資料コード:1110483615)  

 

★こんな本もあります。

江戸の暮らし図鑑 女性たちの日常』菊地 ひと美/著画 東京堂出版 2015.2 (資料コード:1110418140)

近世農民日記の研究』高木 俊輔/著 塙書房 2013.9 (資料コード:1110145677)

関口日記』 第1巻~23巻,別巻1~3 横浜市文化財研究調査会/編集校訂 横浜市教育委員会 1971~1985
                                                                                                                              (資料コード:1104731466 ほか)