平安時代を代表する小説『源氏物語』が織りなす様々な恋模様は、読む人の心を揺さぶり、とりこにしてきました。
 時代に合わせて読みやすいように翻訳されてきたため、その魅力は千年超えた今もなお、色あせずにいきいきしています。
 源氏物語を愛読してやまなかった人たちに関する本や、源氏物語の影響を色濃く受けた作品など、数多くの本から紹介します。 

                          所蔵リスト:「源氏物語を愛した人たち」 (PDF)

                                          genji


期間:平成28年10月28日 金曜日~12月21日 水曜日
場所:京都府立図書館 地下1階 特設コーナー